人生は練習の連続じゃん、決定版を求めがちな自分にカツオ | 脳のブログ

人生は練習の連続じゃん、決定版を求めがちな自分にカツオ

      2015/08/13

人生は練習の連続だと、書きながら思った。決定版ができるのを待っていたらいつまで経ってもなにも始められない。よくある話でしょ?

しかし解決法は書いてあることが少ない。

僕が思う方法は2つ、「どこまで練るかボーダーラインを決める」または「すぐやる」どちらかだ

その練りながら、すぐやった事例として、このブログ開設について書こうと思う

練る大切さと、瞬発力の卵が先か、にわとりが先か的な話ではありますが。スタート情熱です

自分を正直に話せるブログを作りたいと思っていた。

しかしひと目を気にするとなかなか書けないのだ。そこのブログで表現したいイメージもある。少なくともこんな熱くは書けなかった。

みんな自分のことを隠しすぎじゃない?極端じゃない?

わかる?でももうやめにしたいんだよね。なにが恥ずかしいことがあるんだろう、なにを隠すことがあるんだろう。実家の住所を公開するわけでもないし、この人はこんなふうに思ってるそんなシンプルなことができないなんてモヤモヤするに決まっている。誰かを傷つけるわけでもないのに、思っていることを話せないなんておかしくないかい?たいした思想を話しているわけではない、ただただあふれる情熱の話なのに。

この隠し過ぎ体質を改善するには、思いっきりさらけださないといけないなあ

そんなことを思っていた日々、しかし時間はとれない…。急に時はきた、仕事をうまくまわせていないときのことだ↓

逃げるために脳がつくりだしたブログ

忙しい日々に逃げるようにブログを始めた。

つまり、無理やり仕事にあいまを作って、始めた、ただただ仕事から逃げたかったのかもしれない、知っている。これは脳が逃げたかった幻想のブログだ。(これをタイトルにしよう。)

ブログは設計図が大事な件について

ブログを書くには、文章を作るには、デザインを作るには設計図が大事。それは仕事がら知っているつもり。

でもタイミングを逃すとなにも始められないので瞬発力でものごとを始めるほうがいいのもフリーランスなので知っているつもり。

どちらも正しいはずだけれど、自分にあったものを正しく状況判断して決める方法はあまり詳しく教えてくれない。

僕が思うには、人生は練習の連続じゃないかなって。設計図は大事だけど練習しないと書けないんだよ。みんながみんな最初からプロフェッショナルじゃないから、失敗する所も必要なんだよ。コンビニで「研修中」のプレートをつけている学生も許さないといけないんだなあ、ある程度。

立場上許せない失敗もあるけれど、お役に立てればまた来てください、そんなブログになれるよう失敗を補うような魅力づくりをしていこうと思っています。

だから失敗しながら書くよ

見出しにすることじゃないけれど、失敗しながら書くよ。

でもうまくなるまで頑張るつもり。積み重ねるって、失敗も含めてなんだな、意味を少しずつわかってきたきたよ。世の中の大人は説明してくれない言葉ってたくさんあります。わかるたびに楽しいと思って生きたいですね

 - 未分類